賃貸物件の状況を知りたいなら

賃貸物件の状況を知りたいなら

賃貸住宅のリフォームはどこまで可能か

賃貸住宅では基本的に、釘を一本打つにも家主の許可が必要です。入居者には原状回復の義務があり、退去するときには入居時の状態に戻さなくてはいけないからです。そんな賃貸住宅でも、住み心地を良くするためにリフォームすることは、不可能ではありません。要するに改装しても元に戻せて、跡が残らなければ良いわけです。

たとえば後付けでシャワートイレを設置したり、照明器具やガスコンロを取り替えたりすることは自由です。もちろん、退去するときには元に戻しておかねばなりません。壁に穴を開けなくてよいなら、エアコンを設置することもできます。壁紙や床の張り替えは不可ですが、すぐに剥がせるタイプの壁紙を重ねて貼ったり、クッションフロアを敷き詰めたりするのはOKです。こうすることで元の壁や床を保護できるため、むしろお勧めのリフォームと言えます。

釘が必要な棚を作ったり、ペンキを塗り替えたり、間取りを変更したりすることは、元に戻せないため基本的には無理です。しかし少量の釘打ち程度なら、家主の許可が得られる場合もあります。建物の資産価値を上げるようなリフォームなら、家主も認めることが多いので、思いついたら諦めずに相談してみると良いでしょう。

関連記事・情報

Copyright (C)2017賃貸物件の状況を知りたいなら.All rights reserved.