賃貸物件の状況を知りたいなら

賃貸物件の状況を知りたいなら

賃貸物件の契約時に必要な火災保険について

賃貸物件の契約のときに必ず必要になってくるものが火災保険への加入です。この火災保険は入居者の過失が原因で起こった火災に対しての保険であり入居している物件そのものの火災保険ではありません。火災保険という名前がついていますがその適応ケースは火災だけではなく、例えば水周りなどの管理の不注意により下の階の住人に被害を及ぼした場合などにもこの保険が適応されることになるので家財保険といういい方で契約をすることもあります。

火災保険の金額は入居する賃貸物件の面積や鉄筋か木造かなどの構造によっても違いがありますし、保険会社によっても差が出てくるのですが鉄筋コンクリート構造のマンションで1Rの場合には一般的に2年の契約で10000円から15000円程度位までのことが多いようです。木造物件のアパートなどよりも鉄筋コンクリート構造のマンションなどの方が火災保険料が低めに設定されていることが多く、契約の年数も入居者が1年契約にするか2年契約にするかを選べることもあります。火災保険で注意しなければいけないのはその期限切れであり、ほとんどの場合が1年や2年での契約であるため保険会社からの契約満了の通知を見落してしまわないように気をつける必要があります。火災保険は入居者が選べる物件もあるので少しでも節約をしたければ自分で保険会社などに問い合わせて契約する方法もあります。

関連記事・情報

Copyright (C)2017賃貸物件の状況を知りたいなら.All rights reserved.