賃貸物件の状況を知りたいなら

賃貸物件の状況を知りたいなら

賃貸物件の契約時に必要な費用

賃貸物件の契約をするときにはさまざまな費用が発生します。その費用はアパートやマンション、一戸建て賃貸などで違いがありますが一般的には、敷金、礼金、仲介手数料、前家賃、日割り家賃、管理費、火災保険や家財保険、鍵の交換費用などが掛かります。その費用は契約のときに不動産会社にまとめて支払うのが普通で、不動産会社が報酬として受け取るのは仲介手数料だけでそれ以外で受け取ったお金を保険会社に火災保険や家財保険、家主に敷金や礼金、鍵の交換業者に鍵交換費用などのように代理で支払いをしてくれるのです。

このように不動産会社に賃貸物件の契約時に費用を一括で支払っても、その支払いの領収書は不動産会社が発行してくれるものだけで、それ以外の支払いに使われる費用に関しては領収書の代わりに預かり証というものを不動産会社から渡されます。もしも正式な領収書が必要な職種である自営業や個人事業主の方などの場合は正式な領収書を発行してもらえるように不動産会社に事前に連絡をしておいて下さい。賃貸物件を借りる時の一般的な相場は家賃の6か月分相当といわれており、この費用の詳細は敷金2か月分、礼金2か月分、仲介手数料1ヶ月分前家賃1ヶ月分となっているので覚えておいて下さい。ただしこれ以外にも火災保険の費用や鍵を交換するための費用が掛かってきますので、賃貸物件を借りるときには少し予算に余裕を持って計画を立てて下さい。

関連記事・情報

Copyright (C)2017賃貸物件の状況を知りたいなら.All rights reserved.