賃貸物件の状況を知りたいなら

賃貸物件の状況を知りたいなら

賃貸物件で敷金精算をスムーズにする方法

賃貸物件では退去の際、大家さんか不動産会社立ち合いのもとルームチェックをします。そこで、入居前より汚れているものや壊れている箇所などをチェックします。敷金精算をスムーズにするためにも借主は入居中自分でやっておくべきことがあります。まず、入居する際の引っ越しで荷物を搬入する前にお部屋全体のチェックを自分でやってみましょう。ここでは設備が作動するかのチェックや汚れや壁紙のはがれ、床のへこみなども確認しておきましょう。気になる部分があれば写真を撮影しておくとなお良いです。不動産会社によってはチェックシートがありますのでその場合には詳細を記入し、必要であれば写真を添付し提出すると良いです。

入居中に気になることが出てきても、大家さんや不動産会社に連絡せずそのまま使用してしまう人も多いと思います。エアコンから少し水が漏れているとか、ガスの点火がしにくいなどです。これは劣化などで不具合が生じている可能性もありますので、そのままにせずすぐ連絡した方が良いです。そのまま放置して何か不具合がさらに起きた場合には管理注意義務を怠ったということになってしまいますし、退去の際完全に壊れてしまっていた場合敷金から修理費用を差し引かれることになりかねません。

管理注意義務というのは色々あります。外出の際に窓を開けていて雨が吹き込みフローリングにカビが生えてしまったら入居者の責任にもなりますので気をつけましょう。

関連記事・情報

Copyright (C)2017賃貸物件の状況を知りたいなら.All rights reserved.