賃貸物件の状況を知りたいなら

賃貸物件の状況を知りたいなら

賃貸のリフォームに選ぶ楽しさを

賃貸も築30年を越えれば。かなり入居付けが難しくなってきます。この場合、空き室対策としては家賃を下げるか、今どきのリフォーム・リノベーション物件に改良するかの方法が考えられます。しかし、大々的な改装は、数百万円単位のまとまったお金がかかります。ただでさえ空き室に苦しんでいる大家さんにとっては、かなりシビアな話でしょう。しかし、リフォームでもプチリフォームならば数万円で行うことも可能です。実際、築30年越えのファミリー物件を経営している大家さんの事例では、契約時にプチリフォームメニューというのを用意して、選べるように工夫したそうです。メニューはいくつかあり、契約者が自由にその中から部屋のリフォームを選ぶことが可能です。この費用は家賃に500円〜3000円ほど上乗せして回収するのだそうです。

例えば、床材の畳をフローリングにする、バスルームをリフォームする、トイレの便座を新しくする、など部分的なリフォームを選び、実行します。これらはそれぞれ家賃にプラスされる上乗せ料金が違うので、契約者は自分の予算に見合ったプチリフォームを選べるという仕組みです。選べるという楽しさが受け、主婦には特に喜ばれているようです。

関連記事・情報

Copyright (C)2017賃貸物件の状況を知りたいなら.All rights reserved.