賃貸物件の状況を知りたいなら

賃貸物件の状況を知りたいなら

生活保護に賃貸を貸す事について

最近では仕事になかなかつく事が出来ないためか生活保護を申請する人の割合がとても増えてきています。しかしこのときに賃貸を借りるときにこういった生活保護を受けている事がマイナスにならないかという事があります。そこで実際にどのような印象を持たれているか書きますが、まずは一番多い物として家賃の滞納があります。生活保護をもらっていると毎月家賃の金額を含めての手当をもらっていますが、すべて現金支給になっています。そのためそのもらった現金から家賃を払わないといけないにも関わらずそれを使ってしまって家賃が払えないという事があります。

ニュースでもよく取り上げられていますがもらったお金はすぐにパチンコや競馬等のギャンブルに使われたりしますし、お酒等購入する事があり家賃を支払うのは一番最後になるという事があります。こういったことで家賃の滞納が続いてしまうと最終的には夜逃げをしてしまって家賃を回収できないという事があります。だからこそ大家としても生活保護の人にはかしたくないという事があります。そして高齢の方だと突然寿命が来てしまうということもあるためこうしたリスクの事を考えてしまうと、大家としても慎重にならざるをえないです。

関連記事・情報

Copyright (C)2017賃貸物件の状況を知りたいなら.All rights reserved.